www.ahah.biz
自動車を持っている人は承知しているものですが、自動車税というものの納税義務があります。それでこの税金は査定に出す自動車買い取り時に一般的に戻ってくるお金なのです。こういった内容はちょっと実行してみたら簡単に分かりますが、これから一つずつ順番に簡単に紹介します。事前に説明をするとすれば国産で作られている自動車だけでなく外国の車でも税金が還ってくることになります。これはクルマもそうですね。自動車税はクルマの所有者が支払う税金でこの金額はクルマの排気量の大小によって決められています。1リッターより低いのであれば29500円、1リッターから1.5リッターまでであれば34500円。これからは500cc毎に5000円ずつが乗ってきます。そしてこれは4月1日現在のの保有者が年度内のお金を納める事になっています。前払いになるということですから勿論ですが愛車を買取してもらって、所有権がなくなったケースなどは先払いした分の金額は還付される事を意味します。この税の場合は事前納付で以後一年分のお金を納付するので年度内にクルマを引き取ってもらった場合は、入れ替わったオーナーがこの税を負担するのです。買取先が買取専門業者ならば引き取り時にあなたが支払いすぎた税金を返金してもらえます。要は、所有権を手放した時からの税金は、新しい保有者が納付義務を負います。例えばあなたが10月にクルマを買い取ってもらったケースでは、11月から次の年の3月までの自動車税は返金されます。というのも、前も述べた通り自動車税は一年分を先に支払っているということから来ています。つまり前所有者は買取先に払いすぎたお金を返還してもらうということなのです。個人間で愛車を売買する場合結構このような重要な知識に気付かない方が見受けられるのでしっかり確認するようにしてください。自動車税が車の売却で還ってくるということを意外に知らない人が多い事を利用して、そのことを隠す業者もあるのです。こちらから税金についての話をしなければ全然返金のことに関して説明しないという場合もしばしば見られます。なのでクルマの売却をする時には払いすぎた税金が戻ってくるのかどうかを確認することを怠らないようにしなければなりません。