www.ahah.biz
最近の車は、軽自動車と言えど車両価格が高めになっています。昔は軽自動車ならかなり安く購入出来た時代もあったことを考えると、ずいぶん世の中が変わったと感じます。 軽自動車と普通車の最大の違いは、その排気量です。軽自動車は排気量が少なく、普通車に比べると馬力が小さいという特徴があります。しかし、最近の軽自動車と普通車を比較してみると、違いと言えるのは排気量くらいのもので、車体の大きさや性能面に関してはさほど大きな違いが見られなくなってきているのが特徴と言えると思います。 最近の軽自動車は車内も広く、普通車と比べても乗り心地はあまり劣りません。むしろ普通車よりも広い車内空間を確保しているのではないかと思える軽自動車も存在します。 こうした変化のおかげか、軽自動車の人気はますます高まっています。 その反面、軽自動車の車両価格はどんどん上がってきているので、将来的には車体や装備はほぼ同じで、排気量だけで区別されるようになるのかもしれないですね。